読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビートかFFのメモ

ビーマニは好きだがK〇NAMIが嫌い。

FF12IZJS ROUND2.5-3-

 セロビマラソンである程度欲しいアイテムがそろったので一部集めてないが進める事にしました。

 

■セロビマラソン戦績※入手順、手段不同

 ユークリッド定規、デュエルマスク、リジェネモリオン、ブレイブスーツ、フォーマルハウト、千分のノギス、ラバーコンシャス、石化弾、マルチスケール、クロススケール、バルガースケール。

 欲しいもので未入手はミラージュベスト、ダークショット。あればいいな程度で敵入れてないのはぐりぐりばんばんぐらい。面倒だったのでダークマター、ダークエナジー、ラストエリクサーは除外。入手手段が他も面倒なのでいつかは必要個数入手。たぶんエリクサーだけでも事足りると思う。

 

■寄り道

 リジェネモリオン、デュエルマスク、石化弾を入手した段階で取り敢えずは魔片等を安定して扱えるようにするためにバルハイム地下道の蛙からインディゴ藍をドロップ。ワープクリスタルの隣エリアにいるレベルの低い蛙でチェーンをつなぎ、奥地にいるレベル高い蛙をひたすら倒していったが結構時間が掛かった。5%ドロップとは。

 インディゴ藍ドロップ作業の合間に同エリアのトレジャーからバルガースケールを入手。たぶん使わないだろうが、きっと機会があると信じて入手。

 

 その後はニホパラオアを入手する作業。パラミナ大峡谷の骨から予め入手していたシャレコウベ(ドロップ品要心得)、砂漠恐竜からレオを盗む、ゼルテニアン洞窟のアドラメレクのいるエリアでゾンビをひたすら倒して血染の首飾りをドロップ(要心得)。これらを売って交易品として入手。ついでにその奥にいるアルケオエイビスを狩って皇帝のウロコ入手も考えたが、ミストナック使ってもどうにかなる感じがしなかったので放置中。大灯台攻略開始までには必要数入手しておきたい。

 取り敢えずニホパラオアがあるだけでそんじょそこいらのボスやモブは楽になるので倒した順にボムキング、レイス、ケロゲロス、ワイバーンロード、エンケドラス、イシュタム、マリリス、ニワトリス、リングドラゴン、ブライ、チョッパー、ボーパルバニー、マインドフレアを倒す。ブライの討伐で千分のノギスを入手。これも使うかわからないが、手軽にヘイストかけられるようになるのであって損はないはず。

 

 日を改めて再度セロビを走る(実際はボーパルバニー討伐後に改めている)。このタイミングでブレイブスーツとフォーマルハウトを入手し、火力を一気に上昇。ついでに防御も。

 狩りが楽になったのでゴルモアの豹をひたすら狩ってデジョンの魔片を50程入手。その後ナブレウス湿原まで行き交易品入手の準備で怪魚のウロコ(魚から盗むかドロップ)、銀色の液体(フォーバードロップ)を入手。

 

 必要数入手したので未討伐のモブを倒すと言う事で手始めにトリックスター。バリアチェンジが面倒だったり魔法障壁がだるかったりなので初めからニホパラオアを使って眠らせて起こさない攻撃を考えていたが、もともと所持数が少なかった状態だったため、残HP40%ぐらいになるまでは銃攻撃で削る。その後はサビのカタマリを投げまくって撃破。足りなかったらどうしようかと思った。50個ぐらい投げてたと思います。

 

 日を改めてアントリオン。依頼を受けてある程度ルース魔石鉱の奥に行けるようになったのでまずマルチスケールとヘイスガ、リフレガの魔片をそれぞれ5個入手。もっと欲しかったが面倒だったのでやめたなんて言えない。アントリオン戦前後の道中でヘッドレス系モンスターから土の魔晶石を必要数入手。アントリオン戦自体は取り敢えず回りをインディゴ藍装備のデジョンの魔片でお供を消滅、その後はニホパラオア万能薬でウイルスその他を発動、ひたすら殴って回復して終わり。と行きたかったが、通常攻撃にドンアク効果があるのを忘れていて一度敗退。黒帯に持ち替えて再度挑戦しどうにか。ウイルスなしだったら非常に面倒だったと思う。戦闘後、フォーン海岸でルースの最奥地まで行けるカギを入手したがタイミングを失念。討伐お礼のバブルチェーンはユークリッド定規の存在であまり装備しないかもしれないが、あるに越した事は以下省略。

 

 日を改めて再度ナブレウス湿原に行き、入手していなかったオパールの指輪(確実に使わない)とクロススケールを入手。追加効果の透明って戦闘においてはまず使わないだろうから、視覚が鋭いモンスターがいる際にラバーコンシャス辺り装備して自分殴って探索するのだろうが、割と不便な感じしかしない。オマケで下町のカルバドスもひとつだけ入手したが、こっちもブレイブスーツの存在があるために以下省略。

 入手後に未討伐のモブ退治。ホワイトムースとオルトロス戦。どちらも銃および計算尺のダメージが激減(7/8減少)されるが、どちらも魔法攻撃が主体だったのでルビーの指輪を装備させてニホパラオアで適当にバッドステータスを付与させた後にひたすらフォーマルハウトで攻撃。どっちもナパームショットを使用していたが、弱点とかそういうの調べてなかったので石化弾とどっちが早かったかは不明。

 

 討伐後にラバーコンシャス入手のために素材集め。邪神の肉はルースのヘッドレス系から集めていたが、予め多少集まってた火の魔晶石と入手していなかった高級毛皮を必要数入手するために幻妖の森へ。火の魔晶石はトマトや兎を倒してたら集まったし、高級毛皮は犬をひたすら。余談をすると、だいたい某両手剣の素材の素材を集めるのにここをグルグル回る事があったなとか。それ作らなくてもいいプレイがこんなに楽だなんて思わなかった。とか頭で浮かべているが入手時によく粘ってたよなとか思うようにも。

 それはさておき先ほどの素材を売り払い、交易品のラバーコンシャスを入手。ローレルクラウンはオマケみたいな感じになっているが、使用機会があるだろうか。ついでに幻妖の森を走ってる最中にアスピリンをいくつか入手したが、これも使うかどうか。

 

■ソーヘン地下宮殿

 だいたいやれる事やったと思ったのでシナリオを進める事に。マンドラーズと戦うために必要なアイテムを入手しないといけないのだが、そのアイテムをくれる人物がいつプレイしても苛立ってしまう。それはさておきマンドラーズ戦。最強装備(アクセサリだけは混乱対策の舫結びのガロンと盗む用に盗賊のカフスを入れ替えたり)にする前にニホパラオアで例の作業。入手手段の限られているおたからをそれぞれ入手してから処分。苦戦する要素はあまりないが、ミステリーワルツ辺りを連発されてたら回復が追いつかなくなる可能性もあったと思う。

 そのままクリスタルバグまで倒してセーブし、一人旅の難所であるアーリマン戦に。ぶっちゃけ軽装備系ジョブで死の宣告を万能薬で治せるからどうとでもなるでしょとか思いながら最強装備(アクセサリは舫結びのガロン)初戦を挑んだのですが、分身を倒しきった後にやってきたメーザーアイで1200ダメージぐらいくらって即死したのでリセット。

 取り敢えずこいつ相手と言う事で初めてまとも?にある程度考える事にした。厄介なのはメーザーアイによる1200~1300程度のダメージなので安定して受けられるようにするか、そもそも分身を無視するかを考えたが、後で面倒になりそうだったので倒せるなら倒すという方向に。倒しきったらメーザーアイが飛んでくるため、1400ぐらいはHPを確保しないといけないため、バブル必須となるため(この段階でHPアップのライセンスは未収得)、自打でバブルになれるユークリッド定規を採用。IZJSでは聖属性が付いたため、回復は賢者の指輪装備で自打、アーリマンには聖属性弱点で多少なりともという期待を持った。ついでに自打回復で混乱も怖くないのでガロンがいらなくなったのは割と大きい。

 ヴァンの初期HPが82か83(一応粘着して83にしてある)で、ブレイブスーツ(HP500上昇)とデュエルマスク(HP800上昇)だと合計で1383なので悪いクジを引いてバブルにならなかったら危険なため、ブレイブスーツからラバーコンシャス(HP700上昇)に変更。ついでに雷無効なのでサンダラが飛んで来ればチャンスになる。合計HPも1583でバブル時3166、悪いクジ引いてもギリギリどうにかなると思えるHPのためこれで決定。

 装備をユークリッド定規、デュエルマスク、ラバーコンシャス、賢者の指輪にし、ガンビットも上から「HP50%以下の自分:たたかう」「死の宣告の自分:万能薬」「敵一体:たたかう」「自分自身:たたかう」にしてガンビット任せで倒せるかを試みた。結果だけ書くならば突破できました。戦闘時間だいたい40分ぐらいかかりましたが。

 戦闘開始と共にコントローラー放置して(とは書きましたが、カメラだけ操作してました)、安定して回復し、じわじわとアーリマンの体力は削れていく。相手のHPが60%未満になって最初の分身(と、被ダメカット)が行われるも順調に削って残り40%に。分身の個体も増えて相手の手数が増えて少し厄介かと思ったが、飽きてFF用語辞典を見てたら見事に安定して削っていました。

 HP20%を切って最後の分身。個体数はさらに増えるものの、計算尺自体の回避能力と防具の優秀さがうまくカバーしていた。書いてなかったがアーリマンはメーザーアイとか混乱以外にもドンムブや猛毒手段を仕掛けてくるが、前者は攻撃のために近寄ってくるし、後者も自然回復する上にHP減少しても自打で回復できるので何の問題もなし。そしてどちらも死の宣告をかけてきたら万能薬で一気に治せるので寧ろこちらの攻撃回数が増えるだけだった。こちらも途中で飽きて先ほど同様に用語辞典を読んでたが、気付いたら分身が全滅に。問題のメーザーアイが飛んでくるようになりましたがバブルとHP50%以上の維持を心がけていたためこちらの手数が減るだけでどうにか耐えられる状態でした。こちらの与ダメが110程度で時間はかかったが取り敢えずは安定してガンビット任せの戦闘ができたのでよかったかと。

 先ほども書いたが殴るよりもサビのカタマリ使えばもっと早く終わっただろうし、回復を自打に任せているぐらいだからサビのカタマリの乱数が悪くても相手がアンデッドなのでハイポーションで固定ダメージを与えられたというのは戦闘後に気づいた話。まあハイポーションも銃使う際は回復源となるので無駄遣いしていないと考えればそれでいいか。簡単に手に入るがタダじゃないし。

 

 その後帝都に到着しジュールに3500ギル渡し、ギルドカウンターに180000ギル渡してリーフを入手し、ワープクリスタルに触れてセーブして終わり。帝都に着いたことで戦えるモブが増えたり、エクスポーションを入手できるようになったのでもうちょい何かしらやってから研究所に向かうことになるかと。シド戦はさすがにガンビット任せきつそうなので普段の戦闘スタイルでどうにかする。初期レベル維持はどこまでいけるかわからないが、できる限り維持したい。

 そういえばまだエルダードラゴン倒してない。安定して皇帝のウロコをひとつ入手できるボスだし必要になるまで放置でいいか。いつだかのデータで作った際はデスゲイズからふたつ盗んだが、あれもあれで面倒だしまだまだ先になるからどっち道アルケオエイビスを倒しに行くことも考えないと。ミストナック練習すっか…?