ビートかFFのメモ

IIDX,BMS,FFXII,etc...

投票形式によるDPBMS難易度表に対する懸念

 たまには思った事をしっかりと書かないといけないなあと思った次第。

 個人的な意見と私怨ばかり書いているので時間の無駄になる前に鍵盤叩いていたほうが身のため。

 DPBMS発狂難易度表に関しては、具体的に何年ごろから発足したか分からないが、私が触り始める2013年ぐらいには既に存在していたのでそれより前に存在している事になる。当時の事はよく分からないが、こういうアングラゲームでDPというただでさえ人数の少ないモードなので片っ端から存在する譜面を入れていたと思われる。で、いつ頃からか譜面が増えたからか人が増えたからか投票形式が出来るようになったためにその形式にシフトしていったと思われる。昔からあるだけあって譜面の要素としては物量から癖要素と様々で、それこそ当時古今東西あった中からあれはどうだこれはどうだとしていたのだと思っているが、当時の環境は本当に分からないので憶測に過ぎない。

 今でこそそれなりにルールも敷かれていてDP譜面に関する理解等も色々なプレイヤーに広まって行っているので当時のようないわゆるぶっ飛んだ譜面の割合は落ち着いていった。

 で、今現在投票形式を用いているDPBMSの難易度表にはδ難易度表(IIDXで言う☆1~11下位?)、DPBMS発狂難易度表(IIDXで言う☆11中位以上)の二種類があったのだが、去年あたりからStella難易度表を運営しているサイトでDP Satellite難易度表なる難易度表が出てきた。DP Stella難易度表なるSatelliteの強化版も存在していたのだが、発足当時難易度を判断できる人間がいないために速攻でモードを消されたのは置いておく。

 Stella難易度表はSPBMSの発狂難易度表が停止されている事から有志が開始したと思っているが、この辺りの事情はよく知らないし、別に何か言える立場になるほどSPをやっていなかったので書かない。Twitterやmastdonの音ゲーサーバ等で見るにはSPも癖要素を排除した難易度表との事らしいのでそういう難易度表と考えておく。

 話をDPに戻すが、DPBMS発狂難易度表がそれなりの要素を網羅できる譜面の集まりならDP Satellite難易度表は尖った要素の譜面を排除し、出来る限り地力要素一辺倒になる……というのが見ているだけで思っている印象だ。見ているだけで思っていると書いているのには、価値観の合わなさから私の譜面を排除してもらうようにお願いした経緯もあるためにプレイをしていないからだ。

 

 で、タイトルに書いた懸念だが。これはDPBMSをやっている人間があまりにも一握りなために違う名称で同じような難易度表になるのではないかという不安を持っている。これの何が悪いかと言われると、何も差別化もされていない投票形式の難易度表はそんなに必要なのかと思っているからだ。

 当時DP Satellite(Stella含む)難易度表が作られる際に「DPBMS発狂難易度表は癖要素があったり局所難が多いのでそれらを排除した地力系の難易度表を作ろう」みたいなニュアンスの会話があったが、それはそれで何ら問題はないと思っている。それを必要としている人は少なからずいるし、DPBMS発狂難易度表も更新がほぼほぼ不定期で、ましてや発足当時は休止状態だったわけだし。言い方はアレだが地力一辺倒の難易度表と局所的に強かったり癖要素のある難易度表と二種類用意される事で使い分けも出来ると思った。

 

 これを書いている現在、DPBMS発狂難易度表も管理人が代わり、通常側と発狂側とまた稼働し始めた。が、提案や投票はDP Satellite難易度表を積極的に触っているプレイヤーで、新たに提案される譜面も特段癖があったりとかがあるわけでもなく、ちょっと要素があると★?(所謂ネタ譜面とか扱いの難しい譜面を置く難易度)にされるぐらい。

 癖要素を嫌って地力譜面が増えるのが喜ばしいならSatelliteだけやってろとかそういう意味ではないが、投票形式があるのなら使い分けできる工夫を用いるべきなのではないかというのが私の思うところだ。これを書いている私も癖譜面よりは地力譜面のほうが好きな部類ではあるが、やっていて面白くないものは入ってほしくないし、さっさと外せと思っているので、DPBMS発狂難易度表は譜面を増やす前に消したほうがいい譜面を消してから入れるべきだと思っている。これはあまり関係ない話だったが。

 

 うだうだと書き過ぎたので単純に。

 差別化されないなら投票形式の難易度表が複数存在する意味はないよなって。