ビートかFFのメモ

ビーマニは好きだがK〇NAMIが嫌い。殆どFF12 IZJSの忘備録。Twitterはどちらも自分のアカウント。

FF12IZJS ROUND6-貴公子の機工士.4-

  前回ベルガ撃破後のセーブは24:15:30でした。最初の一言は思い浮かばない。

   ベルガ撃破という事で始まるのはセロビマラソン。PS2の調子が悪く読込不良があるからどうするかと思ったが、ディスクとトレーを柔らかい布で拭いたら多少マシになったので助かった。といっても応急処置に過ぎないので、後数年もしたら20歳を迎えるPS2は限界を迎えるかもしれない。その時はその時なので取り合えずこの周回を終わらせるという事だけはしたい。

  セロビ台地まで進める段階で、サリカ樹林でたぶん使わないであろう勧誘を拾っておいた。対象を混乱状態にするのだが、セーフティ持ちには通用せず、以前の機工士一人旅でもこれをダイダロス戦でやろうとしてレジストされたのを見て、つまらぬ戦法で抜けてしまったので、この周回でこそガンビット任せの戦闘で突破してやりたいと思う。

  話が逸れたので戻す。モーグリイベントでサッシュを入手。無印ではただのスロウ無効化のアクセサリだが、IZJSでスピード+20と火属性半減の効果を得た。以前の機工士一人旅ではタイラント戦でこれとアダマン帽のどちらを使うかで、結局アダマン帽を採用したのでこの周回でも使わないかもしれないが、モブ討伐辺りで必要になったら使えばいいかという思いで取り合えず。

  通過点であるフォーン海岸にてどのタイミングで出たか忘れた賢者の心得と、ゴーグルマスク、パワーリストと使わないであろうアダマンベストとアルデバランを購入。消費アイテムも適当に買ったが、万能薬はここで99個揃えておけばよかったと思っている。

  チョコボを利用してツィッタ大草原を抜けてセロビ台地に。街道の休憩所を拠点に一度セーブリセット。一番近場にある石化弾を回収。インディゴ藍が装備できない状態だったので「軽装備12」「アクセサリ19」を開放してからデュエルマスク、リジェネモリオン、ユークリッド定規を回収した。リセット回数5回、使用したポーションは12本だった。

  デジョンの魔片の数が少なかったので、一先ず25個になるように回収してから再開。ゴルモア大森林でのパンサー狩りなので省略。2ACする位置にあるトレジャーを取りに行くのでデジョンの魔片を取りに行ったが、結局3個だけ使用して中断する形になった。入手したのはフォーマルハウト、ミラージュベスト、ブレイブスーツの3種類。被弾したり乱数の調整をミスしたりでリセット6回と、ポーション11本使用。

  取り合えず進めるという意味でツィッタ大草原に戻る。「軽装備13」「計算尺装備4」を開放。決断の地のワープクリスタルを拠点として近場のワイバーンリードからレオを3個盗んでおいた。後にニホパラオアを使うかはわからないが、あるに越したことはないので一応。

  そんなこんなでソーヘン地下宮殿。早速だがボス戦。

■マンドラーズ(挑戦回数1回)

装備 ガンビット
フォーマルハウト 自分自身:バッカスの酒
石化弾  
ゴーグルマスク  
ブレイブスーツ  
黒帯  

最速

与ダメ6115~7739

戦闘前にプロテス、バブルを付与。

  面倒くさかったので自分自身にバッカスの酒を使用して速攻撃破を狙う。銃を装備しているから当たり前と言えば当たり前ではあるが、苦戦する要素はなかった。強いて言うならば、アクセサリを黒帯ではなくトルマリンの指輪か西陣の帯を装備して、スリップ猛毒か睡眠のどちらかを無効にするほうが賢かったかもしれない。睡眠は殴ってくれれば解除されるのでスリップ猛毒無効のトルマリンの指輪が優勢か。

  その後は適当に進める。偽クリスタルは暁の断片を装備してフォーマルハウト石化弾で4発撃破。アーリマン戦に突入する前に再度セロビ台地での回収作業と、使うかわからない針千本を入手するために地下宮殿の謎解き。セロビ台地で回収した装備は千分のノギスとダークショット。前者は殴った相手を70%の確立でヘイスト状態を付与する計算尺(風属性)で、後者は攻撃力4強化の闇属性銃弾。前者は状態付与で使うあるだろうが、後者は使用予定未定。デジョンの魔片9個、ポーション5本、リセット計4回。ぐりぐりばんばんはまた今度。

  ラバナスタに戻って万能薬の買い占めと「○○」の自分系のガンビットを買い占め。アーリマン戦で万能薬の知識3を開放するので、万能薬を特定のタイミングで使うために「「死の宣告」の自分」だけあればいいのだが、この際だし買ってしまえという短絡的な行動。

  実を言うとこの行動までに3回だけアーリマンと戦っている。一回目は最初から死の宣告を食らってしまい、回復する手段なしに負け、二回目も万能薬の知識3を開放しないでやってみるも、与ダメが通常時で200となるこの戦闘で一回も食らわずに勝てるわけがないと思ったため負け。三回目は万能薬の知識3を開放してから戦ったが、持っていた47個では足りなかったので終盤で負け。そんなこんなで四回目の戦闘になった。

■アーリマン(挑戦回数4回)

装備 ガンビット
ユークリッド定規 「死の宣告」の自分:万能薬
なし HP<50%の自分:たたかう
デュエルマスク 最もHPmaxが高い敵:たたかう
ブレイブスーツ 自分自身:たたかう
賢者の指輪  

最速・倍速使用

与ダメ1497~1895(銃・計算尺耐性を持っているので1/8される)

戦闘前にプロテス、シェル、ヘイスト、バブルを付与。ヘイスト付与のために「計算尺装備3」と、この戦闘で使う「万能薬の知識3」をここで開放。

  万能薬99個所持してからの戦闘。与ダメの数値はああだが、実際は187~236(計算あっているか不明)程で、HP60%を切ると被ダメージカットのオプションを得て更にこちらが与えるダメージが減る。…とは言え、アーリマンから貰うダメージは最大でも200程度で、今回は分身を消してメーザーアイを撃たせないためこちらの負け筋は万能薬が切れた際に死の宣告を食らうだけになっている。以前の機工士一人旅はアーリマンの数を減らしていったが、今回は確実に大ダメージを食らわない手段としている。どっちがいいかはわからないが…。取り合えず約15分という長丁場(?)を耐えきる。万能薬の知識2を開放してドンムブも治せるようにしたほうがいいのかとも考えたが、勝手に向こうからやってくるしなくてもいいと判断。使用した万能薬60個。結構多い。

  帝都着。使う予定なしなシャコーハットと使うかもしれないアダマン帽、エクスポーションを99個購入。リーフ集めは取り合えず進めるために必要なだけやって放置。シド戦対策のために一旦ルース魔石鉱に行ってリフレガの魔片を取り合えず10個になるように回収したが、結局シド撃破のためには使わなかった。

  ドラクロア研究所では久々にリバースの魔片を集めた。デスゲイズとアルケオエイビスとどちらを相手取るかはまだ決めていないが、楽に皇帝のウロコを回収するために一先ず99個。ボス戦で自分を対象にするのは縛っていないが、使わなくてもどうにでもなると思うのでそこは自重する方針。それとここでなくとも数ヶ所集められる場所があるが、いずれも入手確立が低かったり、周りのモンスターが強かったりで面倒なのでここで集めきるのが得策。そんなこんなで.4最後のボスにしたドクターシド(一回目)戦。まあいつもの手段を取っているのでぶっちゃけ省略してもいいかと思ったが一応ちゃんと書く。

■ドクターシド(一回目)(挑戦回数1回)

装備 ガンビット
ユークリッド定規 HP<40%の自分:たたかう
なし 最もHPmaxが高い敵:たたかう
デュエルマスク 自分自身:たたかう
ブレイブスーツ  
賢者の指輪  

最速・倍速使用

与ダメ1497~1895

  相変わらずの取り巻きルークを無視する戦法。流石に防御無視装備ができるのでサビのカタマリはナシ。戦闘時間を考えると使用したほうが早く済むのだが…。今回はシドにリフレクをかけないため、だいたい常にプロテスシェルリジェネがかかり、ケアルダで一気に3000程度回復されてしまうのだが、相手がプロテス状態でも900程度は与えられるので無視はできる程度と判断。その分時間はかかったが、楽できたと思えばまあいいかといったところ。

  撃破後イベント挟んでバーフォンハイムに到着。道中消費していたエクスポーションと使わないであろうスピカを購入しセーブ。31:19:02だった。

 

  次回はギルヴェガンで、最低な戦術を取ってしまったダイダロス、苦戦を強いられたタイラント、楽するために算術を用いてしまったシュミハザと結構な強敵が揃っている。機工士初期レベルでも楽できるボスは終わったのである意味ここからが本番と言ったところか。