ビートかFFのメモ

ビーマニは好きだがK〇NAMIが嫌い。

FF12IZJS ROUND5-何かモンクあるのか?最終回-

 その肆のセーブタイムを忘れていました。48:06:25です。取り敢えず無事にシナリオ周回を終えたのでささっと記事にしてしまう感じで。

  前回ギルガメの討伐を受け、バンサトからプロテス貰ってから入ろうと思っていたが、ギーザ草原が晴れだったため、そこらのモンスターでチェイン繋いで無理矢理プロテスを付与。所要時間30分ぐらい?後は特に何もせずにバハムートに特攻。

 イベント飛ばすのに割と待たないといけないのが面倒ではあるが、いざガブラス戦のメインリフトに行くまでも割と面倒、ある意味面倒だらけのダンジョン(と言っていいかよくわからない)だが、この周回では幸いにして一回も道中でやられる事はなかった。帝国兵は少なければ2人しか会わないが、多いと最初の通路だけで6人は会うからここはもう運頼みにするしかないのだろうか。

 

ガブラス(2回目)(挑戦回数3回)

装備 ガンビット
鯨の髭N HP<50%の敵:リフレガの魔片
なし HP=100%の敵:デスペルの魔片
デュエルマスク 自分自身:バブルの魔片
ブレイブスーツ HP<60%の自分:エクスポーション
鋼のゴルゲット HP≧30%の敵:たたかう
  自分自身:ヘイスガの魔片
  自分自身バッカスの酒

最速、倍速オフ

与ダメ1986~2356

 大灯台で戦った時の空気とは違い、回避無視を得て瀕死時に強くなるボスとしていい感じの存在のガブラス。安定はしないがこのガンビットで取り敢えずどうにかなったという感覚。最初の戦闘では一先ず守りの指輪装備の様子見という感じで。アグレッサー使用まで追い込んでこっちも狂戦士状態になるまでの戦闘にはなったが、火力が追いつかず瀕死時にも関わらず800以上のダメージを貰って負け。通常時の攻撃で300程、センテンス600程とかだったが一回で装備は違う方がいいと判断した。

 そんなわけで二回目の戦闘では、フェンリル戦でも役立てたガントレットを採用してみる。瀕死状態の際に物理攻撃を軽減する効果のアクセサリ。被ダメは守りの指輪装備時より100程度増えるが瀕死時はかなり固い。が、結局守りの指輪装備時と同じような感じで負ける。瀕死時に貰ったダメージが400程だったのでいい線はいったと思うが、回復できないからあまり意味はない感じ。

 ということで三回目の戦闘で鋼のゴルゲットを採用。ガントレットみたく瀕死時に能力を引き出すのだが、こちらは攻撃力を上げるほう。ダメージ計算をしたらこちらが瀕死時に与えられるダメージが6355~7468まで跳ね上がるのだが、ガブラスガブラスでHP<50で被ダメージカット、瀕死防御力UPを得るので通常時の最低より低いぐらいとなった。こちら被ダメはガントレット装備時より若干だけ低い程度。瀕死時はもう殴り合いなのでこちらの攻撃が当たる事を祈るだけだった。何とか勝ち。ガンビットにエクスポーションでの回復仕込んでいたのだが、相手のフルケア跳ね返すしHP高めだから使わずに済んだ。バブルの魔片、ヘイスガの魔片、リフレガの魔片、デスペルの魔片、バッカスの酒それぞれ1個(本)使用だった。

 

■ヴェイン、ヴェイン=ノウス、不滅なるもの(挑戦回数3回)

装備 ガンビット
鯨の髭N 「ヘイスト」の敵:デスペルの魔片
なし 「フェイス」の敵:デスペルの魔片
デュエルマスク 「ブレイブ」の敵:デスペルの魔片
ブレイブスーツ 自分自身:バブルの魔片
守りの指輪 HP<40%の自分:エクスポーション
  自分自身:ヘイスガの魔片
  「聖」に弱い敵:たたかう
  「闇」に弱い敵:たたかう
  「雷」に弱い敵:たたかう
  「氷」に弱い敵:たたかう
  最もHPmaxが高い敵:たたかう

最速、倍速オフ

与ダメ

ヴェイン1933~2303

ヴェイン=ノウス1986~2356

セフィラ2906~2277

不滅なるもの1959~2330

 

 先に書くとヴェインに一回、ヴェイン=ノウスに一回負けている。その度にガブラスと戦ったが、あのガンビットで負けは無かった。しかし、安定するかと言われるとしないと思うのでもうちょっと何か考えられそうではある。どの戦闘でもエクスポーションを使わなかったので、モンクでこのレベル(30)であるなら入れなくてもいいのかもしれない。

 最初の戦闘ではHPの回復を60%切ってから、セフィラ倒す数を2体にしていた。バトルスピードは確か最遅だったと思う(失念)。ヴェイン戦は被ダメが通常攻撃400程、マッハウェイヴ600程、ラッシュ600程。ラーサーからプロテスを分けてもらった状態でのヴェイン瀕死時画面割り攻撃(嶄然震撼)は1200程貰った。ラーサーをあまり狙わない性質上、必然的に攻撃がヴァンに来るためずっと回復動作を取っていたが、ラーサーがヴェインにトドメ刺して戦闘終了した。

 ヴェイン=ノウス戦は取り敢えずセフィラ潰し。ガブラスがたまに1体だけやっつけるような気がするから2体倒してからヴェイン=ノウスを攻撃するつもりだったが、早々に退場してしまった。ガ系魔法をいっぱいくらったか、画面外でいちゃついていたらやられてしまった感じだろう。セフィラからの被ダメ自体は100程度と痛くはない。ヴェイン=ノウスの攻撃も700程、ガ系も900程と最初のうちは悠長に回復しつつやれる感じだった。が途中セフィラの攻撃追加効果によるドンムブ発動で暫くサンドバッグに。セフィラの大樹で3000近くのダメージを貰いつつもどうにか限界突破発動まで削る。が、そこからが厄介で、セフィラの攻撃がCT0になり、3体が休みなく攻撃してくるし、ヴェイン=ノウスからの攻撃も900程入るので回復が一生終わらない状態に。負けを覚る。

 二度目の挑戦は回復タイミングをHP<20%に、倒すセフィラの数を4体に、装備を守りの指輪からほろろの根付にし、バトルスピードを左から三番目にしたが、最初のヴェイン戦でヴェイン瀕死時の連撃を貰ってあっけなく負けてしまう。

 アクセサリをどうするか悩んだが、やはり守りの指輪でいいだろうと判断し、再度装備。回復のタイミングは大技ばかり来るのに20%じゃ遅すぎるので40%に。バトルスピードも最速にして挑戦。ヴェイン戦は一回目みたいな感じだったので特に書く事がない。エクスポーションをいくつかとヘイスガの魔片を1個使用し、ラーサーからプロテスを貰えた事ぐらいか。ヴェイン=ノウスも被ダメは先程書いたぐらいだが、物理攻撃に限っては、セフィラを倒す数が2体増えているので、その分はマイナスされていると思う。ガブラスはヴェイン=ノウスのHPを40%程まで削ったところでお亡くなりになった。セフィラの大樹はガードし、限界突破後もセフィラ1体なら凌げる感じだったが、戦闘終了前に追加効果のドンムブを受けてしまう。

 不滅なるもの。戦闘前に△ボタンを押してアイテム残数を確認したところ、エクスポーション89本、バブルの魔片33個、ヘイスガの魔片9個、デスペルの魔片31個だった。開始して暫くの間はドンムブのお陰でサンドバッグ状態。デスペルの魔片発動をずっと待機していて、一度瀕死まで削れたものの何とかタイムアウトまで進んでギリギリで回復。通常時の被ダメージは700~800ぐらい、ガ系魔法は900程。適当に殴って回復しつつ最初のメガフレアも900程で順調ではある。途中入ったアセンションで1700程くらうが、バブル切れた状態でも耐える程度にはHPを確保できるようにしているので問題はない。

 不滅なるもののHPが60%切ってから連続魔、フェイス、バマジクのコンボが入るが、フェイスはガンビットで優先的に切るようにしていたので問題なし。60%まで同様に削っていく。途中の貫通ホーリーで2000入って少しだけ焦ったが、回復が間に合ったので良しとした。不滅なるもののHP40%切りでアグレッサー、ブレイブ、カタストのコンボ。暫くの間は耐え忍ぶ戦いに。通常攻撃も900程度がザラになっているが回復が間に合わないほどではない。一度目のギガフレアソードが来るがガード成功。カタスト切れてからは殴って回復を繰り返し、二度目のギガフレアソードが来るがこちらもガード。

 不滅なるもののHPが20%を切って絶対防御を構えるタイミングで一度だけ時間の確認。この時点で49:07:50だった。絶対防御中はまたも耐え忍ぶ戦いで、三度目のギガフレアソードが来るが、流石に被弾して1700近くダメージが入った。そしてテラフレアだが、くらった数値を失念してしまった。テラフレア発動後絶対防御が解除されるので攻撃再開。無事に倒す事に成功した。

 

 アイテムのカウントはできていないので省略。貫通デスペガが何度か飛んできたのでバブルの魔片、ヘイスガの魔片はそこそこ使用したと思う。ヴァンのレベルは30で終了。シャーリート戦で勢いでここまで上げてしまったが、多分25ぐらいでもどうにかなると思いたい。

 

 次回の予定は未定。TZAに入りたいところではあるが、残念な事にPS4を持っていないのでやるならばPS2までのディスクになる。そして、PSのディスクを読み込めなくなってしまったので、10か12のどちらかになってしまう…。気が向いたら何かやる。終わり。