読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビートかFFのメモ

ビーマニは好きだがK〇NAMIが嫌い。

FF12IZJS ROUND3-Vaan Knight Carnival.5-

FF12IZJS

 後二編で終了かななんて書いたが、モチベが凄く下がって進行しそうにないので現状までのを。現在ハシュマリム戦で止まっている。

  シュミハザ戦後、真っ先にレダス邸に向かいレダスをゲストとして迎える。目的は回収がそこそこ面倒な下町のカルバドス12本とかで、実際レダスは一人旅の都合上使用不可なので手間が増えて面倒になった。味方がダメージを受けるという制約があるから5hit法も破綻してしまうし。

 取り敢えず今後の道中の移動を楽にするためにニホパラオアを入手することに。パラミナ大峡谷のダークスケルトンからシャレコウベ、ゼルテニアン洞窟のコープスから血染めの首飾り(アドラメレク戦はやりません)、ツィッタ大草原のワイバーンリードからレオを必要個数回収し交易品として入手。それとついでに以前倒していたかも忘れたが、ブロッホからアトモス討伐の報酬を今更回収。使う事はない。

 それを済ませた後に、ルース魔石鉱最奥まで行けるようにするためにアントリオンを討伐。モブ戦なので手動操作をバリバリ行っている。基本的にはインディゴ藍装備でデジョンの魔片を使いお供を全消し。その後ニホパラオアに装備を変更しC9H804をアントリオンに対して使用。常にHP満タンを維持させることで回避無視等の厄介な効果を得させない。その後は守りの指輪辺りに持ち替えてひたすら回復しつつ殴り。倒す事で最奥まで行ける鍵を入手できるフラグが立ったが、まだ入手せずに取り敢えずモブ討伐を続ける。倒したのはトリックスターとファーブニルぐらいだが、前者はニホパラオア装備で王子の口づけを使い、何度かサビのカタマリ投げて合間に王子の口づけを使う事で永眠させる方法を使った。これが一番楽だと思う。ファーブニルは行動範囲外(相手の通常攻撃が届かない範囲)からスリップにし(メテオライトA使用)、そのままそこでサビのカタマリ等を使って終わり。どちらもサビのカタマリだけでは足りないので予めヴァンのHPを1まで減らしてバランスの魔片も織り込んでいる。固定ダメージって強い。

 この辺りで切り上げて大灯台まで向かう。道中の敵は基本スルー。

 

■ハイドロ(挑戦回数17回)

装備 ガンビット
武器:ブラッドソードA 自分自身:C9H8O4
盾:シェルシールド 自分自身:バブルの魔片
頭:グランドヘルム HP<50%の自分:エクスポーション
体:グランドアーマー 自分自身:下町のカルバドス
アクセサリ:トルマリンの指輪 HP<30%の敵:たたかう
  自分自身:バッカスの酒

最速、倍速オフ。戦闘前にバブル、ヘイスガを付与。

 混乱効くから余裕でしょみたいな事を思っていたのだが、思ったよりも苦戦を強いられてしまった。最初は特に考えず殴って回復してオシマイみたいに思っていたが、こいつソニックファングのような即死の可能性がある技を持っていたりカウント(死の宣告付与)、カーズ(猛毒、混乱、スリップ、ウイルス付与)を使ってくる。さらに割と行動が速く、混乱によるハメが上手くいかない事が多かった。

 途中採用したのは、こちらが混乱やウイルスにかからないように舫結びのガロンやバブルチェーンを採用したり、上手くくらわない事を期待して守りの指輪で防御を固める等をしたが、最終的に上記の装備及びガンビットに収まった。まずアクセサリのトルマリンの指輪はIZJSでは猛毒だけでなく、スリップもレジストできるので(ついでに氷半減効果も持っているが、ハイドロ戦では無意味)、これで厄介なHPの消費を抑えられるように。ウイルスはこちらがバブル状態であればかからないので、バブルの切れ目にカーズが来ない事を祈り、来ても最優先で解けるようにガンビットの一番上にC9H8O4を組み込む。これで一応被害を最小限に抑えられる。一番厄介な混乱追加効果は自らをバーサクにすることで無効とした。敵の攻撃が連続で当たったら負けてしまうパターンだが、盾回避5%(盾回避3個取得済みなので20%)、ブラッドソードAの回避16%で単純計算で36%の回避率があるためそこそこは耐えてくれるでしょうという魂胆。詳しいところはこの装備・ガンビットに設定して二度目で勝ててしまったので何とも言えない。HP<60%から得る回避無視は危なくなる前に削りきる。

 「HP<30%の敵:たたかう」は、ハイドロはここまでHPを削るとCT0を得るため、回復を挟みながら殴ったほうがいいと判断したため入れている。実際ここまで減らしてもバーサク維持していると殴り負けをするので素直に回復を挟んだ方が確実。消費アイテムは下町のカルバドスバッカスの酒それぞれ2本、バブルの魔片1個。エクスポーションは失念。ただ殴る事が多かったのでそんなに消費はしなかった気もする。

 

 これで大灯台の中に入るわけだが、道中の事は面倒なので省略。黒の珠を入手するために雑魚を倒してパンデモニウム戦ってぐらいしか書く事もないし。

 

パンデモニウム(挑戦回数4回)

装備 ガンビット
武器:ブラッドソードA HP<60%の自分:エクスポーション
盾:デモンズシールド 自分自身:目薬 
頭:グランドヘルム 自分自身:金の針
体:グランドアーマー 敵1体:たたかう
アクセサリ:守りの指輪  

最遅、倍速オフ。

 こいつも混乱効くから~なんて舐めプレイしたらやられた。ニホパラオアでン・カイの砂使ってりゃいいでしょみたいな事を思っていたらやられたって感じのを二回やらかしたので、三回目から普通に殴って倒す方法を取る。最初はスロウを封じつつ、こちらの行動の高速化を図れるサッシュを採用したが、瀕死まで削って負けた。たぶん回復のタイミングの問題だろうと思ったので上記のように変更し(変更前はHP<50%でやっていた)、一応アクセサリも守りの指輪に変更し安定を取る方法で。使用アイテムはエクスポーション21本、目薬12個。偶然にも相手の石化睨みの回数は0回だった。最遅にした理由は単純に絶対防御中の被弾を最小限に抑えるため。

 

 このタイミングで一度大灯台を後にし、アイテムを少し回収する。ゴルモア大森林のパンサーを狩り、デジョンの魔片を50個追加。6x個だったのだが、詳しい数値を覚えていない。少なくとも70個は集めていなかった。バルハイム地下道に移動し、バブルの魔片を12個になるように回収した。個数に意味はなく、回収の際にハントループのモンスターであるイスティーンが邪魔になったため中断した、が正解になる。その後はフォーン海岸でアントリオン討伐後に入手できる第11鉱区のカギ(ルース最奥まで入れるようになる鍵)を入手。

 日付を変えてから、ディアボロスの討伐依頼を受ける(倒さない)。ルース魔石鉱でヘイスガ・リフレガの魔片をそれぞれ10個になるように回収する。副産物でデスペルの魔片も12個回収。

 ここから大灯台をもう一度進める事に。基本的に使用したのはパンサー狩りで得たデジョンの魔片。次のボスであるシャーリートのところに行くまでに、道を作るために「コジャ」を倒さないといけないが、魔法による攻撃が痛い、カウント・石化睨み・フラッシュと言った面倒な攻撃が多い等と面倒なモンスターのため、デジョンで消す方法を取った。キマイラブレインといいコジャといい、面倒なモンスター多い。結局キマイラブレインの分も含めてデジョンの魔片は50個程使用していた。

 

■シャーリート

装備 ガンビット
武器:ブラッドソードA プロテスの敵:デスペルの魔片
盾:デモンズシールド HP<50%の自分:エクスポーション
頭:グランドヘルム 敵1体:たたかう
体:グランドアーマー  
アクセサリ:守りの指輪  

最速、倍速オフ。

 弱かった。デスペルの魔片のオプションは、闇神戦で現れるシャーリートの個体と勘違いしていたために不要。使用したエクスポーションは3本。キマイラブレインのほうがよっぽど恐ろしい。

 

 大灯台中層は普段ならマップ封印で行っているのだが、せっかくなので魔法封印を選択。地味にマップ以外を封印するのはこの周回が初めてだったりする。道中一度ファイアフライ装備外の時にモンスターを倒してレベルを上げてしまいリセットしている。アイテムはクイスモイトの靴、ドラゴンメイル、ヘイスガの魔片を回収。

 

フェンリル

装備 ガンビット
武器:ブラッドソードA 敵1体:デスペルの魔片
盾:デモンズシールド HP<50%の自分:エクスポーション
頭:グランドヘルム 自分自身:バブルの魔片
体:グランドアーマー 敵1体:たたかう
アクセサリ:守りの指輪  

最速、倍速オフ。戦闘前にバブル、ブレイブ、ヘイストを付与。

 回避無視を得ないため、最も回避が上がる現状の装備で戦闘。気付いたら勝っていたのであまり覚えていない。使用したエクスポーション14本、バブルの魔片6個。

 

 で、現在は最初にも書いた通りハシュマリム戦で止まっている。こいつは通常攻撃に10%のウイルス付与効果、最初からCT0、回避無視といった性能があり、瀕死になると与ダメも増えるという鬼畜。まだ10回しか戦っていないが、戦闘中厳しいと思ったのは相手のHPが80%切るまでと、瀕死になってからで、その間はロックユー及びクエイジャといった「レビテト」で確実に回避可能なターンがあるので、そこまではどうにかなるといった感じ。

 現状やったのは、今までの装備で何度か。こちらの与ダメを増やすためにトウルヌソルを使用。頭装備をグランドヘルムから鋼鉄のダイサー、ドラゴンヘルム、巨人の兜に変更、体装備をグランドアーマーからマクシミリアンに変更、アクセサリを守りの指輪、サッシュ、バブルチェーン、エルメスのくつ、フェザーブーツ、クイスモイトの靴を使用。

 10回の戦闘で色々と装備を変えて思ったのは体装備はグランドアーマー一択であること。これはこちらから相手への与ダメより、相手からこちらへの被ダメを少しでも抑えるほうがいいという判断。戦闘時間が長引くほど不利になるが、こちらから相手への与ダメと試行回数は頭装備で調整したほうがいい。マクシミリアンのスピード+6は魅力的ではあるが、絶え間なく相手からダメージを貰うので回復アイテムが底をつきかねない。

 頭装備の候補は安定感を増すためのドラゴンヘルム、巨人の兜(どちらもHP増加だが、攻撃力が高まるのは前者でHPが大きく増えるのは後者)か手数及びダメージを稼ぐために鋼鉄のダイサー(スピード+4)かグランドアーマーのどれか。グランドアーマーは活力が+10されて補助効果が少し早めに切れるというデメリット(このデメリットは、戦闘中にアイテムでの有効状態付与の回数が増えるという意味でのデメリット)もある。

 アクセサリに関しては、これと言って何がいいというものが決まらない。一番安定するのは被ダメを低減する守りの指輪ではあるが、防御+5と永久リジェネでこの中では抜群の安定感があるものの、戦闘中絶対に付与しておきたいレビテトとバブルを常に魔片で補わなければならない。そのどちらかひとつを永久付与状態にしてくれる装備がフェザーブーツとバブルチェーンで、前者は永久レビテトにスピード+5の付与。後者は数値の変化こそ永久バブルだけではあるが、脅威であるCT0攻撃による10%追加のウイルスを恐れなくて済む。

 その他アクセサリは、サッシュはスピード+20とナイトの鈍足をかなり補い、相手のクエイジャの追加効果であるスロウもレジストするが、今回は全部レビテトで回避する事を前提で考えているため恩恵は薄め。エルメスのくつは永久ヘイストでこれもまたナイトの鈍足を補い、さらに力+5で火力も強化されるが、この戦闘では少し扱い難い印象を持った。クイスモイトの靴はIZJSでHP+500というよくわからない強化がなされたので耐久力をかなり上昇させることができるが、攻撃面では特に影響がない。

 

 特に縛っているわけではないので、どうしようもなくなったら「手動操作」「レベルアップ」「リバースの使用」のどれかを使ってでもシナリオを終わらせたい。ただ、最後の「リバースの使用」は、やっている自分もつまらないと思ってしまい、最初の「手動操作」もステータス面では変化があるわけではないため、使うなら「レベルアップ」になると思われる。アイテム使用しているしどうにか初期レベルで終わらせることができるかもしれないと思ったが、ここまで来て上げる必要があるかもしれないとなったのは悔しい。

 ただレベル上げるならシナリオに関係のない召喚獣もいくらか倒してラスボスのステータス上げたいとも思ったが、それこそ本気で面倒になりそうな上、戦闘メンバー一人で倒せる気配のないものがいくらか存在するので、それはやりません。次回またいつ更新になるかわからないが今回はこれで終了。